キービジュアル画像:瀬戸内の旬の果実や野菜から作る、島のジャム屋の手作りジャム

瀬戸内の旬の果実や野菜から作る、島のジャム屋の手作りジャム

諸国良品

2019/09/13

山口県大島郡周防大島町にある「瀬戸内ジャムズガーデン」は、手作り無添加ジャムの専門店。オーナーの松嶋夫妻が奥さんの故郷・周防大島に移り住み、島で栽培されている旬の果実や野菜を使って、年間でなんと160種類ものジャムを作っています。材料となるのは、無農薬もしくは減農薬で育てたワックスをかけていないもので、傷がついていたりと商品価値のないものや、ジャムに加工した方がおいしい時期のものを契約農家から仕入れています。また、自家農園も構えることで、果実の個性を把握しさらに美味しいジャム作りを目指しています。

もともとサラリーマンをしていた松嶋匡史さんがジャム屋になったのは、2001年に新婚旅行で訪れたフランスがキッカケでした。パリで偶然入ったジャム専門店で衝撃を受けた匡史さんは「このような食文化が日本にもあったらいいのに」とジャム屋になることを決心したといいます。

場所に周防大島を選んだのは、多種多様な果実類の栽培が行われていることはもちろん、過疎・高齢化に直面していた故郷への想いがありました。「この土地でしかできないジャム作りをすることで、地域に活気を取り戻し、年配者を元気づけ、地域へ若者を呼び戻す事が出来れば」と匡史さんは当時を振り返ります。

そんな「瀬戸内ジャムズガーデン」が作るジャムは素材本来の味を生かすため、糖度は日本の最低基準である糖度40度に。さらに砂糖は種子島産のさとうきびを化学的精製をせずに作り上げた「洗双糖」を使用。漂白していない砂糖のため、ジャム自体は見た目が少々茶色がかった色合いになりますが、味は最高です!

また、工房の隣には自社のジャムを使ったスイーツやドリンクを提供する「ジャムズカフェ」を併設。チーズと一緒にたっぷりジャムをのせてから焼き上げたピザや、ジャムが混ぜ込まれたアイスなど、ジャムはパンに塗ったり、ヨーグルトにかけたりするだけでなく、いろいろな食べ方を楽しめることを伝えています。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 瀬戸内ジャムズガーデン

    生産者名 瀬戸内ジャムズガーデン 詳細

    瀬戸内の島で四季折々の旬の果実を使い、全て手作りでこの島でしかできないこだわりのジャム作りをしているジャム工房。「美味しいジャム作りは美味しい果実作りから」と始めた自家農園ではブルーベリー・あんず・ゆず・金柑・すだいだい等を育て、2010年には「体験型ブルーベリー園」もオープン。果実生産現場に自ら関わるからこそできる新しいジャム作りに取り組んでいます。

関連商品