キービジュアル画像:酢は百利あって一害なし

酢は百利あって一害なし

諸国良品

2015/01/30

「有機農業の町」として知られている宮崎県綾町で、お酢を中心とした発酵食品と、地元の農産原料を利用した加工品を製造している、大山食品。こだわりの原材料と伝統の技術を受け継ぎ、「酢は百利あって一害なし」という信念を掲げています。そして、お酢の苦手な方でも美味しく飲んで頂けるよう、酸味と甘味のバランスが絶妙で、飲みやすいお酢づくりを目指しています。

大山食品のお酢づくりは、有機農法で生産された玄米と良質の水、麹、種酢を、地中に1/3埋め込んだカメに入れるという、シンプルな伝統製法です。太陽と自然の力で、1年以上の時間をかけて発酵熟成させますが、昼と夜との温度差が味に深みとコクを与えてくれます。

仕込水、割水には、環境省選定の名水百選に選ばれた「綾の名水」を使用。そもそも本社のある国富町の隣町に工場を構えるのは、お酢の仕込みに欠かせない良質な水を求めてきた結果だそう。

また、黒玄米酢には、酢造りには珍しい「黒麹」を使用しています。一般的にお酢を仕込む際に使う白麹だと、さっぱりとした味の仕上がりに対して、「黒麹」の場合はコクのある仕上がりになります。

4代目社長の大山憲一郎さんは、「発酵食品を極めて、世の中に貢献するのが私の人生の目標。日本の伝統的な発酵食品を積極的に取り入れることで、健康で幸せな生活のお手伝いができれば」と語ります。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 大山食品株式会社

    生産者名 大山食品株式会社 詳細

    「有機農業の町」として知られている宮崎県綾町で、昭和5年の創業以来、お酢を中心とした発酵食品と、地元の農産原料を利用した加工品を製造しています。可能な限り地元産原材料を使用し、伝統的な製法を守りながらも新技術の研究開発にも挑戦。昨年から会社として農業の本格スタートもし、酢の絞りかすは完熟堆肥化し、農作物栽培に利用しています。「目標はすべての原料を自分たちで作って、加工・販売もすること」と、大山さんは話します。

    MUJIキャラバンブログ
    発酵と人生の設計図

関連商品