MUJIcom ホテルメトロポリタン鎌倉

【MUJIcom鎌倉】手にとれる、やさしさ。~棉が採れました~

045953_211111_01

MUJI BOOKS

2021/11/17

こんにちは
 
春先に紹介させていただいたMUJI BOOKS特装版赤ちゃんにおくる絵本に付いている茶綿の種。
 
成長の様子を月曜日のおたよりにて、ちょこちょこと紹介しておりました。
そして先日、ついに「棉(わた)が採れたよ」との一報が入りました。
 
本日は総集編と致しまして茶綿の成長の記録を季節を振り返りながら、お楽しみいただければと思います。
 
5月下旬、湘南では朝からスズメがリスを追いかけていた頃
045953_211111_1

東北の実家へ「育てて下さいませ。」と送った茶綿の種。
045953_211111_2
 
6月10日 前日に水に浸した種を蒔いてくれました
 
6月14日 早くも発芽を確認
045953_211111_3
 
6月23日 日の当たる畑へ定植
045953_211111_4
 
6月30日 のびのび成長
045953_211111_5
 
7月になっても、まだ雨が多くカタツムリがゆっくり道を横断していた頃
045953_211111_6
 
7月3日 葉が増えてきました
045953_211111_7
 
7月24日 支柱で支えられました
045953_211111_8
 
045953_211111_9

 
夏真っ盛りの向日葵とノウゼンカズラが咲き誇るお盆の頃
045953_211111_10
 
8月15日 茶綿の花も開花
045953_211111_11
黄色の花です。
 
 
中秋の名月が夜を照らす頃
045953_211111_12
 
花は青い蕾となり、
045953_211111_13
 
だんだん赤紫色になって、
045953_211111_14
 
11月3日 弾けて茶綿の棉が顔を出しました
045953_211111_15
 
実際に採れた棉を手紙と一緒に送ってくれました。
 
「茶綿も大きく育ち、もう少しで棉になるなとワクワクしていましたが、急に寒くなり蕾が硬いままで開けば綿が出てくるのに無理な様です。
でも楽しかったですよ。初めてですからね。
ご近所の皆さんも綿の花を見るのは初めてなので感激していました。」
 
045953_211111_16
 
とても貴重な茶綿の棉。
 
薄い茶色で、ふわふわしています。昔飼っていたトラ猫のお腹を思い出しました。
綿の中に種があります。取り出せば、また植えることが出来ますが、なんだかもったいない。
暫くはこのまま飾っていようと思います。
 
店頭のMUJI BOOKSコーナーにも報告しました。
045953_211111_17
 
045953_211111_18

 
「ただいま」「おかえり」と、聞こえた気がしました。
 
是非、皆様も来年植えてみてはいかがでしょうか。
 
優しい気持ちになれます。
 
 
 
茶綿のおたより           ウジ
 
 
 
茶綿の種が付いているMUJI BOOKS 特装版「赤ちゃんにおくる絵本」の記事はこちら

6月10日種まき〜6月23日 畑へ定植の記事(当店で揃うおすすめベビーギフト「9549枚」)はこちら

芽がぐんぐん成長中の記事(源氏山公園〜銭洗弁財天〜Café &Meal MUJI「思い出と鎌倉散歩、なのなのな編。」)はこちら
 
花が咲いた記事(苔玉作りワークショップ「もちゃもちゃ、ころころ、泥んこ遊び。」)はこちら
 
045953_211111_02

 

← 前の記事へ

次の記事へ→

← 前の記事へ

次の記事へ→